資料ダウンロード
HOME > ウイスキー知識 > ウイスキー基礎知識 > ジムビームのハイボールの作り方は? アレンジや手軽に飲む方法も紹介

ジムビームのハイボールの作り方は? アレンジや手軽に飲む方法も紹介

2023.11.29 / 最終更新日:2023.11.29

ジムビームは高い人気を誇るバーボンウイスキーであり、ハイボールと相性のいいウイスキーとして知られています。

ラインナップにハイボールに適した銘柄の選択肢があることから、ウイスキー初心者も飲みやすいハイボールを作りやすいためおすすめです。

飲みにくい場合は、通常の炭酸水ではなくコーラやジンジャエールで割る選択肢もあり、ハイボールと同様に美味しく飲める飲み方です。

この記事では、ジムビームのハイボールの作り方を解説し、アレンジや手軽に飲む方法も紹介します。

この記事のポイント

  • ジムビームのハイボールの作り方を解説
  • ジムビームのハイボールのアレンジや手軽に飲む方法も紹介

ジムビームとは?

ジムビームはアメリカを代表するバーボンウイスキーであり、トップクラスの売上を誇る銘柄となっています。

甘みとキレがあり、バランスの取れた味わいからバーボンウイスキーの入門酒でもあります。

しかし、レギュラーボトルのホワイトはストレートで飲むには熟成年数が短く、アルコールの刺激や接着剤のような薬品の香りが強いことから、飲みにくいと感じる方も多いです。

ジムビームのおすすめの飲み方はハイボールであり、ジムビームが持つ味わいを楽しみながら、クセのある刺激や香りを和らげてくれるため飲みやすくなります

そのため、初めてジムビームを飲む方は、ハイボールから試すことをおすすめします。

ジムビームの種類についてはこちらの記事で紹介しています。

ジムビームの種類と味わい、おすすめの飲み方

ジムビームのハイボールの作り方

ジムビームのハイボールの作り方を以下にまとめました。

材料 内容
ジムビーム 40ml
炭酸水 160ml
レモン 1カット

作り方

  1. レモンを軽く絞ってグラスに氷を詰める
  2. ジムビームと炭酸水を注ぐ
  3. 軽くかき混ぜて完成

ジムビームと炭酸水の比率は初めて飲むなら1:4の割合にすることを推奨しますが、濃いめが好きな場合は1:3に変えても良いでしょう。

最後の混ぜ方はマドラーで軽く縦に1回ステアするだけで問題ありません。

材料も少なく、簡単な手順でジムビームのハイボールは作れます

レモンはお好みでレモン汁などで代用可能

ハイボールに使用するレモンはお好みであり、レモンが苦手な場合は入れなくても問題ありません。

また、1カットのレモンを用意するのが面倒と感じる場合は、レモン汁を購入して代用できます。

ご自身の好みにあわせて調整するようにしましょう

コーラやジンジャエールなどのジュースもおすすめ

ハイボールに使用する炭酸水は、味付けがされておらず糖質のない炭酸水が推奨されますが、コーラやジンジャエールなどのジュースで割るのもおすすめです。

コーラで割る場合はコーラハイボールと呼ばれ、後ほど解説しますがジムビームのハイボールとして商品化されています。

通常の炭酸水では飲みにくいと感じた場合は、ジュースで割ると飲みやすくなります

ジムビームでハイボールを作る場合のおすすめ銘柄

ジムビームでハイボールを作る場合のおすすめ銘柄を3つ紹介します。

  • ジムビーム(ホワイト)
  • ジムビーム アップル
  • ジムビーム ハニー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ジムビーム(ホワイト)

画像引用:https://www.suntory.co.jp/whisky/products/0000000071/0000003190.html

ジムビーム(ホワイト)は、ジムビームのレギュラーボトルであり、白いラベルからホワイトと呼ばれることがあります。

スタンダードなジムビームのハイボールを作るならこちらの銘柄がおすすめであり、ジムビームが持つ風味を楽しめるハイボールが作れます。

ハイボールを作る際に購入する銘柄に迷うならこちらのボトルから購入しましょう

ジムビーム アップル

画像引用:https://www.suntory.co.jp/whisky/products/0000000071/0000003190.html

ジムビーム アップルはジムビームにりんごの風味を加えたフレーバードウイスキーであり、ハイボールにするとアップルハイボールになります。

ジムビームの風味に加えて、りんごの爽やかな甘さが感じられるため、より飲みやすい仕上がります。

りんごが好きな方を中心に飲みやすいハイボールを作りたい場合は、こちらのボトルを選ぶのもおすすめです

ウイスキーとりんごジュースは相性がいい? おすすめの飲み方を紹介

ジムビーム ハニー

画像引用:https://www.suntory.co.jp/whisky/products/0000000071/0000003190.html

ジムビーム ハニーは、アップルと同様にはちみつの風味を加えたフレーバードウイスキーです。

ハイボールにするとホワイトと比較して、より甘くなめらかな口あたりとなるため、ウイスキーが苦手な人でも飲みやすいハイボールになります。

優しい味わいが好きな方は、ジムビーム ハニーを選ぶと美味しいハイボールを作りやすくなります

ハニーウイスキーとは? 代表的な銘柄とハチミツを使ったカクテルの作り方

ジムビームのハイボールを手軽に飲む方法

画像引用:https://products.suntory.co.jp/d/4901777306578/

ジムビームのハイボールを手軽に飲む方法は、ハイボール缶を購入することです。

ハイボール缶は、ウイスキーをハイボールの状態で購入できる商品であり、自宅でハイボールを作らなくても手軽に飲めます。

容量は350ml缶と500ml缶があり、アルコール度数は5%となっていることから、アルコールに弱い人も飲みやすいといえるでしょう。

また、ジムビームのハイボール缶には種類があり、スタンダードなハイボールから、アップルハイボール、コーラハイボールなどもあります。

手軽に飲めるだけでなく、ラインナップも豊富であることから、自分で作るよりも気軽に楽しみたいならハイボール缶を購入するのも選択肢のひとつです

まとめ

ジムビームのハイボールの作り方を紹介しましたが、基本的にはジムビームと炭酸水があれば作れますが、ジュース割りなどのアレンジ方法も豊富です。

ご自宅で手軽に作れるジムビームのハイボールですが、自宅ではない場所で飲む場合や、もっと気軽に飲みたい場合はハイボール缶を購入する選択肢もあることを覚えておきましょう。

ウイスキー初心者の方にジムビームのハイボールはおすすめであるため、初めてジムビームを飲む方は自分の好みにあわせて銘柄を選んでハイボールを作ってみましょう。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください