HOME > 特集・ニュース > シーバス・ブラザーズ社 アベラワー・ミルトンダフ蒸留所に140億円の投資

シーバス・ブラザーズ社 アベラワー・ミルトンダフ蒸留所に140億円の投資

2022.05.27 / 最終更新日:2022.07.14

ペルノ・リカール傘下のシーバス・ブラザーズ社は、当社所有のアベラワー蒸留所とミルトンダフ蒸留所に8800万ポンド(約140億円)を投資することを発表した。世界的に高まるスコッチの需要増に対応し、持続可能なウイスキー造りを推進する目的だ。この度の拡張により、シーバス・ブラザーズの生産量は年間1,400万リットル増加見込み。

当社の会長兼CEOであるJean-Etienne Gourgues氏は、「シーバス・ブラザーズ社は再び、スコッチの未来へ大きく賭けをする」と述べている。

今回の大規模投資が行われたアベラワーとミルトンダフは、スコットランド北部のスペイサイド地方に位置するウイスキーの蒸留所だ。これらの蒸留所では大幅な改修が行われ、ビジターセンターが拡張される。スペイサイド地域における更なる観光客の誘致と、地域経済の活性化が期待されている。また、ミルトンダフ蒸留所では、新たに最先端のサステイナブル技術を取り入れた蒸留所施設が建設される。バイオプラント・蒸発装置を活用することで、年間1,000万リットルの生産能力増加が見込まれる。

ミルトンダフのシングルモルトは、バランタインブレンドの中核を担っており、他のシーバス・ブラザーズ社のブレンデッドウイスキー(Chivas Regal, Royal Salute, The Glenlivetなど)にも多く取り入れられている。シーバス・ブラザーズ社の更なる生産力の向上が予測されるだろう。

ペルノ・リカール社によれば、今回の投資は、シーバス・ブラザーズのスコットランドへのコミットメントをさらに推進するものであり、中南米・中東・アフリカ・アジアでの市場拡大に対応するものだ。当社の2月の半期決算では、シーバス・ブラザーズ社の売上高は23%増加し、パンデミック前の水準を超える回復を見せている。

さらに、シーバス・ブラザーズ社は、2026年までに蒸留所ネットゼロを達成すると掲げており、この度の両蒸留所の整備は目標達成の足がけとなるだろう。中でも、この度導入されたバイオプラントとMVR(Mechanical Vapor Recompression)は、ポットスチル1基で90%のエネルギー削減が可能となる。

当社は、2026年までにポートフォリオにある実装可能な蒸留所全てにMVR技術を導入すると宣言している。両施設は、2025年半ばまでにフル生産体制に入る予定。


Chivas Brothers, the Scotch whisky business of Pernod Ricard, has announced a £88 million investment in the company-owned Abelower and Miltonduff distilleries.

This aims to meet the growing global demand for Scotch whisky and promote sustainable production.

The expansion is expected to increase Chivas Brothers’ annual production capacity by 14 million litres.

Chivas Brothers chairman and CEO Jean-Etienne Gourgues said the company was “once again betting big on the future of Scotch.”

Abelower and Miltonduff distilleries, where this large-scale investment will be taken place, are located in Speyside, the northern part of Scotland.

The distillery will also undergo a significant facelift with an upgraded visitor centre, drawing more tourists to the area and boosting local tourism.

At Miltonduff distillery, a state-of-the-art sustainable distillation technology such as bio-plant evaporation equipment will be introduced, which will lead to significant production capacity expansions by 10 million litres per year.

Miltonduff single malt is one of the foundations of Ballantine’s blends and is also incorporated into many other Chivas Brothers blended whiskies, including Chivas Regal, Royal Salute, and The Glenlivet.

“The investment is further confirmation of Chivas Brothers’ commitment to Scotland and a testament to the growing global demand for Scotch whisky which has seen exports increase across all regions, with market gains in Latin America, Middle East, Africa, and Asia,” said Pernod Ricard.

“In its half-year results in February, Chivas Brothers announced a net sales increase of +23%, confirming its recovery to beyond pre-Covid levels.”

“The distillery expansions will also serve to accelerate Chivas Brothers’ ambitious goal of reaching net zero distillation by 2026 with the installation of new bio plants and high-efficiency Mechanical Vapour Recompression (MVR) fan technology for pot still distillation across both sites.”

The newly installed bio-plant high-efficiency Mechanical Vapor Recompression (MVR) will enable a 90% energy saving per pot still.

Chivas Brothers expressed their plan to install MVR technology in all

Last year, the company announced plans to roll out MVR technology across all viable sites in its distillery portfolio by 2026.

Both Abelower and Miltonduff facilities will be at full production by mid-2025.

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

監修者
監修者
Dear WHISKY運営事務局
Dear WHISKYの運営事務局が、国内外のウイスキー情報を日本にお届けする。
銘柄・イベント・蒸留所・ボトラーズ・ウイスキー投資などの情報を幅広く取り扱う。
SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください