HOME > 特集・ニュース > ミドルトン蒸留所、2026年のカーボンニュートラル実現に向け約80億円の投資 – Midleton Distillery Receives €50 Million Investment to Become Carbon Neutral by 2026

ミドルトン蒸留所、2026年のカーボンニュートラル実現に向け約80億円の投資 – Midleton Distillery Receives €50 Million Investment to Become Carbon Neutral by 2026

2022.09.01 / 最終更新日:2022.09.10

Irish Distillers社はミドルトン蒸留所に対し約80億円(5000万ユーロ)を4年間に渡って投資をすることを発表した。2026年までに蒸留所のカーボンニュートラル化を達成するため設備を新調する予定だ。

今回、過去最大規模の投資によってミドルトン蒸留所はアイルランドで初のカーボンニュートラルな蒸留所となる見込みだ。Irish Distillers社を擁するペルノ・リカール・グループが2050年までにネットゼロ実現を指針とし、その流れを汲んでの試みである。

ミドルトン蒸留所とは

ミドルトン蒸留所は1975年に設立されたアイルランドで最大の蒸留所である。アイルランド独特の蒸留スタイル、シングルポットウイスキーが有名であり、ジェームソン、パワーズ、レッドブレスト等、様々なアイリッシュウイスキーブランドを製造している。

カーボンニュートラルへのロードマップ

Irish Distillers社は目標達成にいたるまで、いくつかの段階からなるロードマップに沿って計画を実現させていく目論みである。

ロードマップの初期段階では、燃料消費量の少ない高効率ボイラーへの投資など、いくつかの取り組みを通じ、エネルギー使用の総量削減に重点を置く見込みだ。また、Irish Distillers社は専門家と連携し、蒸留工程で発生する廃熱を再利用する革新的技術、Mechanical Vapor Recompression(MVR)を導入する予定である。これらの取り組みにより、最大70%の二酸化炭素排出量の削減が期待されている。

後の段階では、アイルランド初のグリーン水素企業であるEIH2社と提携し、化石燃料をバイオガスやグリーン水素などの再生可能エネルギーに置き換える予定である。この画期的な技術の導入は、スコープ1およびスコープ2の炭素排出のゼロ化に貢献するものである。米国環境保護庁によると、スコープ1の排出量とは、組織が所有または管理する排出源から発生する直接的な温室効果ガスのことである。スコープ2とは、天然ガスなどのエネルギー購入や使用に伴う間接的な温室効果ガスの排出を指す。アイリッシュウイスキー協会(以下: IWA)は、蒸留とボトリングを、業界におけるスコープ1およびスコープ2の最大の排出源の一つと位置づけている。

今回の発表について、Irish Distillers社の代表取締役と兼会長、コナー・マクウェイド氏は、「この計画は何年もかけて作られたものであり、目標達成にはさらに多くの年月がかかることは理解している。しかし、この大胆で勇敢な未来への一歩を踏み出すことによって、化石燃料を永久に置き去りにすることができると確信している」と述べた。

今回の計画はアイルランド副首相のレオ・バラドカー氏からも賞賛を受けており、「Irish Distillers社のように、大胆な変革に取り組んでいる企業は、多くの同業他社の道をも切り開くだろう。」とし、アイリッシュウイスキー業界全体として持続可能な実践と努力を奨励している。

アイリッシュウイスキー業界での持続可能な実践

IWAは5月に業界の環境への影響を軽減するための「2022年 サステナビリティ・ロードマップ」を発表し、持続可能な開発目標やアイルランド政府の気候変動に関する法律を支援する業界全体の重点分野を詳述している。アイルランド政府は2050年までに気候変動対策として、アイルランド全土で炭素ゼロの経済実現を目標としている。

IWAのビジョンは、エネルギー供給の脱炭素化、水使用量の削減、持続可能な穀物収穫の支援など、いくつか目標を掲げている。また、業界内での変革に加え、サプライチェーン、地元コミュニティとの連携、リサイクル包装への切り替えや持続可能な観光の推進など、様々な取り組みを行っていく予定である。

サステナビリティ・ロードマップについて、IWAの理事長、ウィリアム・ラヴェール氏は次のように述べている。「ロードマップは、アイルランドを世界で最も持続可能な蒸留所がある場所にするという共通の野望のもと、業界全体が協力し、知識を共有し合うためのものである。私たちは、アイルランドの農業や地元サプライヤーへの支援を最大限に行いながら、製造方法とサプライチェーンが環境に与える影響を最小限に抑えることを約束する」。

2021年時点でアイリッシュウイスキー産業はEU第2位の蒸留酒輸出量、約5800億円の市場規模と試算されている。

 

出典

Irish Distillers社

https://www.irishdistillers.ie/irish-distillers-announces-plans-for-midleton-distillery-to-become-carbon-neutral-by-2026-using-break-through-emissions-reducing-technology/

米国環境保護庁

https://www.epa.gov/climateleadership/scope-1-and-scope-2-inventory-guidance

アイリッシュウイスキー協会

https://www.ibec.ie/drinksireland/news-insights-and-events/news/2022/05/30/irish-whiskey-association-publishes-roadmap

 


 

The Midleton Distillery has announced that it will receive a €50 million investment from its parent company, Irish Distillers International Ltd. (Irish Distillers), over the next 4 years. It funds a massive plan to upgrade the distillery’s facilities and equipment to become carbon neutral by 2026. 

The investment is the largest of its kind and it is expected to make Midleton Distillery the first carbon-neutral distillery in Ireland. It is in line with the group-wide Net Zero by 2050 trajectory that Pernod Ricard, a global wine and spirits group that houses Irish Distillers, has committed to. 

About the Midelton Disitllery

Operating since 1975, Midelton Distillery is the largest distillery in Ireland. They are known for their single pot still whiskey, a style unique to the country that blends both malted and unmalted barley. The distillery, located in County Cork, carries well-known Irish whiskey brands such as Jameson, Powers, and Redbreast. 

The Roadmap to Carbon Neutral

Irish Distillers will execute a roadmap consisting of several phases to achieve the goal. 

The early phases of the roadmap focus on reducing the total energy usage through several initiatives such as investing in highly efficient boilers that use less fuel. Irish Distillers will also partner with experts to implement Mechanical Vapor Recompression, an innovative technology that recycles the heat waste resulting from the distillation process. These efforts are expected to reduce up to 70% of carbon emissions. 

Later phases will see the replacement of fossil fuels with renewable energy sources such as biogas and green hydrogen. They will partner with EIH2, Ireland’s first green hydrogen company. 

The installation of the breakthrough technology will contribute to eradicating scope 1 and scope 2 carbon emissions. According to the United States Environmental Protection Agency, Scope 1 emissions are direct greenhouse emissions produced by sources owned or controlled by the organization. Scope 2 emissions are indirect greenhouse emissions associated with the purchase and use of energy such as natural gas. The Irish Whiskey Association (IWA) has identified distilling and bottling as one of the biggest sources of scope 1 and scope 2 emissions within the industry. 

Commenting on the announcement, Conor McQuaid, CEO and Chairman of Irish Distillers said, “This plan was many years in the making, and we understand that there are many more years ahead to reach our goal. However, we are confident that by making this bold and brave move into the future, we will leave fossil fuels behind for good.”

The plans have also received praise from Ireland’s Deputy Prime Minister, Leo Varadkar. “Companies, like Irish Distillers, who are committing to such bold and transformational change, will lead the way for many other similar businesses.”

Sustainable Practices in the Irish Whiskey Industry

The Irish whiskey industry as a whole is encouraging sustainable practices and efforts. 

The IWA also released its 2022 Sustainability Roadmap to reduce the industry’s environmental impact in May, detailing industry-wide focus areas that support Sustainable Development Goals and the Irish Government’s climate legislation. The Government’s Climate Action Plan targets a net-zero carbon economy across Ireland by 2050. 

The IWA’s vision maps out several objectives including decarbonizing energy supply, reducing water usage, and supporting sustainable grain harvesting. In addition to implementing change within the immediate industry, they will work with the larger supply chain and local communities to encourage practices such as switching to recycled packaging and promoting sustainable tourism. 

Regarding the Sustainability Roadmap, the Director of the IWA, William Lavelle, comments: The roadmap is about an industry working together and sharing knowledge with a shared ambition to make Ireland the home of the world’s most sustainable distilleries. We are committed to minimizing the life-cycle environmental impact of our production practices and our supply chains while maximizing our support for Irish farming and local suppliers.”

The Irish whiskey industry was valued at over US $4.3 billion in 2021 and is the EU’s second-largest spirit export.

 

References

Irish Distillers

https://www.irishdistillers.ie/irish-distillers-announces-plans-for-midleton-distillery-to-become-carbon-neutral-by-2026-using-break-through-emissions-reducing-technology/

United States Environmental Protection Agency

https://www.epa.gov/climateleadership/scope-1-and-scope-2-inventory-guidance

Irish Whiskey Association

https://www.ibec.ie/drinksireland/news-insights-and-events/news/2022/05/30/irish-whiskey-association-publishes-roadmap

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

監修者
監修者
Dear WHISKY運営事務局
Dear WHISKYの運営事務局が、国内外のウイスキー情報を日本にお届けする。
銘柄・イベント・蒸留所・ボトラーズ・ウイスキー投資などの情報を幅広く取り扱う。
SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください