HOME > ウイスキー知識 > ビギナー > ウイスキーをより楽しむための道具を目的別に分けて紹介!

ウイスキーをより楽しむための道具を目的別に分けて紹介!

2022.07.26 / 最終更新日:2022.07.26

ウイスキーを飲む時間をより上質で充実した時間にするなら道具を用意することも重要です。

道具はオンラインショップから100円ショップなどの商品も含めて気軽に購入できる物が多いので、お試し感覚で使用するだけでもウイスキーの世界が広がるのでおすすめです。

ウイスキーを飲むのに専用のウイスキーグラスを用意する、ロックを作るときに製氷機を用意するだけでもウイスキーをより楽しむことができるようになります。

この記事では、ウイスキーをより楽しむのに役立つ道具を目的別に分けて紹介していきます。

この記事のポイント

  • ウイスキーを飲む場合や量を計るのに役立つ道具を紹介
  • ロック・ハイボールを作るのに役立つ専用の道具も紹介

ウイスキーを飲むのに役立つ道具の種類

ウイスキーを飲むのに役立つ道具は以下の通りです。

  • ウイスキーグラス
  • スキットル

それぞれ詳しく解説していきます。

ウイスキーグラス

ウイスキーグラスは、ウイスキーを飲むために作られた機能的なグラスです。

例えば、ロックグラスであれば飲み口が広くガラスが薄くなっているので、唇に触れたときに違和感がなく、ウイスキーの味わいに集中しやすくなっています。

ウイスキーのストレートを飲む場合は、ショットグラスが用いられますがこちらは容量がシングル用であれば30ml、ダブルなら60mlと決まっていることが多く、グラスにウイスキーを注ぐだけで飲む量を調整できます。

ウイスキーを本格的に飲むなら、まずはウイスキーグラスからはじめに揃えるとよいでしょう。

デザインがおしゃれなウイスキーグラスも多いので、グラスを変えるだけでも気分が変わって普段よりもお酒を楽しめるかもしれません

おしゃれなウイスキーグラスを知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

おしゃれなウイスキーグラスのおすすめ10選!ブランドや選び方も解説

スキットル

スキットルは、旅行やキャンプなどでウイスキーなどのアルコール度数の高いお酒を持ち運ぶ際に用いられる容器です。

出先にウイスキーボトルを持ち運ぶのはかさばるので、荷物の多い遠征先でウイスキーを楽しむならスキットルは必須です。

スキットルからウイスキーを直に飲むことも可能であり、複数のスキットルを持ち運べば小さい容器で複数の銘柄を持ち運ぶことが可能になります

スキットルでウイスキーを持ち運ぶならキャンプで楽しむのがおすすめですので、詳しくはこちらの記事をチェックしてください。

キャンプでウイスキーを楽しもう!5つのおすすめ銘柄と飲み方を紹介

ウイスキーの量を計るのに役立つ道具の種類

カクテルを作るのなら必須になりますが、ウイスキーの飲む量を調整したい場合や、水割りやハイボールを正確に作りたい場合もウイスキーの量を計る道具が必要になります。

ウイスキーの量を計るのに役立つ道具の種類は下記の通りです。

  • メジャーカップ
  • ポーラー
  • ワンショットメジャー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メジャーカップ

メジャーカップは、カクテルを作るためにお酒を軽量するための専用のアイテムです。

その性能はバーでも使用されるほどのお墨付きであり、正確な容量を計るのが非常に手軽になります

カップのサイズに種類があり、30mlのカップに2分の1、3分の1の溝を付けることで、15ml10mlといった少量のウイスキーも正確に計ることが可能です。

ポーラー

ポーラーはウイスキーのボトルに装着するだけで、30ml60mlなどの決まった容量を計ることができます。

定量になると自動的にウイスキーに栓をしてくれるので、それ以上ウイスキーが注がれず、正しい量が計れる仕組みです。

メジャーカップのように定量以外の量を計るのに向いていませんが、基本的にはストレートのシングルやダブルなどに合わせて定量が設定されているので、ストレートを飲むのに正しい量を計りたい方におすすめになります

ワンショットメジャー

ワンショットメジャーはポーラーと同様にウイスキーをセットすることで定量のお酒が注がれる仕組みです。

定量を注ぐということはポーラーと同じ役割になりますが、ワンショットメジャーは台にウイスキーをセットしてグラスに注ぐため、設置するとまるでお店に来ているような感覚が味わえます。

値は張りますが雰囲気を楽しみたい方や、家族みんなでウイスキーを飲む場合や、友人を自宅に呼んでウイスキーを振る舞う場合は設置すると楽しみが広がることでしょう

ハイボール・ロック・水割りなどを作るときに用意したい道具

ウイスキーの飲み方はストレートに限らず、ハイボール・ロック・水割りがありますが、自分で作る場合により正確に美味しいウイスキーを作るなら道具にもこだわりたいところです。

このように代表的なウイスキーの飲み方を実践する際に必要な道具は下記の通りになります。

  • マドラー
  • 製氷機
  • 炭酸水メーカー

それぞれ詳しく解説します。

マドラー

マドラーはハイボールや水割りなどを作る際にウイスキーをかき混ぜる道具であり、長いスティック状になっています。

素材には金属、木製、ガラス、プラスチックなどがありますが、手入れがしやすくバーやレストランでも使われているのは金属製です。

ウイスキーをかき混ぜる道具にマドラーを用いていない場合、手を離すと沈んでしまうものを用いている場合はかき混ぜにくく、マドラーとしての役割を果たしていません。

専用のマドラーはカップ用・グラス用で販売されており、それぞれ長さが異なるため、水割りやハイボールを作るのに適したマドラーを購入しましょう

製氷機

ウイスキーのロックを作るなら氷の大きさ・状態は重要になります。

お店で提供されるような大きな丸氷を入れてロックを楽しみたいなら、丸氷を作れる専用の製氷機を購入するのがおすすめです。

また、ウイスキーのロックに丸氷が使われることにも理由があり、ウイスキーと触れ合う表面積が通常の氷と比較しても小さくなるので、氷が溶ける速度が緩やかになりウイスキーの味わいが変わるスピードがゆっくりになります

また、丸氷を入れてロックを飲むなら飲む口のせまいウイスキーグラスでは丸氷が入らない可能性があるので、ロックグラスも購入して丸氷でウイスキーのロックを作るのがおすすめです。

ウイスキーロックを愉しむ!量や氷、グラスにこだわり美味しく飲もう!

炭酸水メーカー

ハイボールを飲むなら炭酸水の質も重要ですが、爽快感を味わえる新鮮な強炭酸を作れる道具には炭酸水メーカーがあります。

炭酸水メーカーには、シリンダー式カードリッジ式があり、シリンダー式の場合はガスが切れるまで何度でも繰り返して使用できますが、使用後のガスシリンダーをメーカに返却するため、手間がかかります。

一方でカードリッジ式は、作れる炭酸水の量は少ないですが使い切りを前提にしているため気軽に使いやすいです。

ハイボールを日常的に飲むなら質のいい炭酸水を毎回購入する必要がなくなり、旅行やキャンプなどの遠征先でも炭酸水メーカーを持ち運べばハイボールが作れるようになります

ハイボールにおすすめのスコッチウイスキーの選び方と注意点を解説

ウイスキーの楽しみ方が広がる道具

最後に、ウイスキーの楽しみ方が広がる道具を厳選して紹介します。

  • スモークガン
  • ミニ樽

ここまでの目的には該当せず、発想の外にある道具もあるかもしれないので確認していきましょう。

スモークガン

スモークガンはウイスキーの燻製を手軽に作るのに使われる道具になります。

燻製ウイスキーはグラスに燻製煙を注入することで、ウイスキーに新たな香りを付与し、ウイスキーを燻製化する飲み方です。

煙を効率的に注入する道具がスモークガンであり、香り付けのウッドチップをセットしてグラスに蓋をしてスモークを充満させるだけで簡単に燻製ウイスキーが作れます。

ウイスキーの新たな味わい方を体験してみたい方はスモークガンを購入して、気軽に燻製ウイスキーを作ってみましょう

燻製ウイスキーを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

燻製ウイスキーとは? 作り方や燻製がウイスキーに合う理由もご紹介!

ミニ樽

ウイスキーを自宅で簡単に熟成させる道具にはミニ樽があります。

ミニ樽は市販のウイスキーを樽の中に貯蔵するだけで熟成が進む道具です。

ウイスキーはまだ熟成をさせていないニューメイクの状態で販売されている銘柄もあるので、1から自宅で熟成させることも可能になります。

本物のウイスキー樽を自宅に置くことは難しいので、サイズが小さく置きやすく、インテリアにもなるミニ樽を購入してウイスキーの熟成にチャレンジしてみましょう

ウイスキーのミニ樽を自宅に置こう! 3つのメリットとおすすめの種類も紹介

まとめ

ウイスキーに関わる道具を目的別に分けて紹介しましたが、役に立ちそうな道具や興味を持った道具は見つかりましたか?

ウイスキーをより楽しむなら道具の購入は不可欠であり、バーテンダーはグラスを持っただけでウイスキーの量を瞬時に判断できるといわれることもありますが、ウイスキーをあまり飲んだことがない初心者こそ道具にこだわりたいところです。

また、スモークガンやミニ樽のような思いもよらない方法でウイスキーの楽しみ方を広げる道具もあるので、道具をそろえることでウイスキーの世界も広がっていきますよ。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください