HOME > ウイスキー知識 > ビギナー > 5,000円前後でプレゼントできるウイスキーのおすすめ銘柄を紹介

5,000円前後でプレゼントできるウイスキーのおすすめ銘柄を紹介

2022.05.10 / 最終更新日:2022.05.14

ウイスキーをプレゼントする上で一つの基準となる予算が5,000円です。

なぜなら、普段飲みするには高い銘柄が多いため特別感があり、選べるウイスキーの選択肢が広いからです。

予算としては高すぎて遠慮されず、低すぎて安っぽさを感じさせないバランスのいい金額が5,000円になります。

この記事では5,000円前後でプレゼントできるウイスキーの銘柄をスコッチウイスキーとジャパニーズウイスキーに分けて紹介していきます。

この記事のポイント

  • 5,000円のウイスキーがプレゼントにおすすめである理由を解説
  • 5,000円前後で購入できる銘柄をスコッチとジャパニーズに分けてそれぞれ紹介

5,000円前後のウイスキーがプレゼントにおすすめの理由

プレゼントにウイスキーを選ぶ際に、5,000円という予算がおすすめとなる理由は3つに挙げられます。

  • 普段飲みするには高く特別感のある銘柄が多い
  • 本格的なシングルモルトが多数選べる
  • 気軽にプレゼントできるので人を選ばない

それぞれ詳しく解説します。

普段飲みするには高く特別感のある銘柄が多い

普段、家で飲むウイスキーにどれくらいのお金をかけるのかは人によっても異なるかと思います。

1度に飲む量が非常に多い場合は、5,000円以上の銘柄を毎回購入して飲むよりも、普段は1,000円程度のウイスキーを飲んでいる場合のほうが多いでしょう。

1,000円程度のウイスキーは、コンビニ・スーパーマーケットでも売っており5,000円以上のウイスキーはなかなか売られていないため、気軽に購入しやすいことが挙げられます。

そのため、プレゼントに5,000円のウイスキーを選ぶのは普段飲んでいるウイスキーとは異なる特別感のあるプレゼントになりやすくなります

本格的なシングルモルトが多数選べる

5,000円以上の銘柄を家で飲むウイスキーにしている場合でも、毎日購入するほど飲んでいる方は稀であり、ウイスキーは一度開封してからも日持ちがいいため、同じウイスキーボトルを数ヶ月かけて少しずつ飲むようにしている愛好家も存在します。

いつも飲んでいるウイスキーと完成度は変わらないかもしれませんが、5,000円という予算であれば選択肢が非常に広いため、同じレベルのウイスキーであっても普段とは異なる銘柄をプレゼントできます。

ウイスキー好きのなかでも人気が高いシングルモルトウイスキーは、銘柄によって香りや風味が大きく異なり個性的な銘柄が多いです。

プレゼントする相手が興味を持っていても、まだ飲んだことがない銘柄をプレゼントすれば喜んでもらえるはずです

シングルモルトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。
シングルモルトやダブルモルト、トリプルモルトとは?それぞれの違い

気軽にプレゼントできるので人を選ばない

より高級で完成度の高いウイスキーをプレゼントするなら1万円以上の予算があることに越したことはありません。

しかし、1万円以上のウイスキーはプレゼントする相手と自身の関係性が薄い場合は、遠慮されてしまう金額となってきます。

一方で、1,000円程度のウイスキーも特別感のあるプレゼントにしたい場合や、安っぽさを感じさせたくないと考える場合は、もう少し予算を上げたほうがよいでしょう。

5,000円という価格は、安い印象をを与えず特別感のあるプレゼントになりやすいだけでなく、相手が遠慮しにくいバランスのいい値段設定といえます

5,000円前後でプレゼントできるウイスキーのおすすめ銘柄【スコッチウイスキー】

スコッチウイスキーはウイスキーの本場ともいわれるスコットランドで製造されたウイスキーのことです。

スコッチウイスキーは製造地域ごとにシングルモルトの特徴が異なり、6つの地域に分類されます。

今回はそれぞれの地域で5,000円前後の予算で購入できるウイスキー(記事執筆時点)を紹介していきます。

また、キャンベルタウン地域は蒸留所の数が少なく、代表的な銘柄スプリングバンクが5,000円で購入が難しい高級ウイスキーであることから、今回はキャンベルタウンを除く5つの地域のウイスキーをピックアップしました。

  • グレンフィディック12年
  • タリバーディン ソブリン
  • アードベッグ ウィー・ビースティー 5年
  • オーヘントッシャン12年
  • ハイランドパーク12年

グレンフィディック12

画像引用:https://www.glenfiddich.com/distillery/

世界的にも評価されている銘柄が多いスペイサイドで製造されるグレンフィディック12年は、スコッチウイスキーのなかでも3本の指に入るほどの人気銘柄でありながら、リーズナブルな価格で購入可能です。

ゲール語で鹿の谷という意味を持つグレンフィディックは、雄鹿の紋章が刻印されているのが特徴であり、スペイサイドの自然によって作られた銘柄になります。

ウイスキーとは思えないほど爽やかで吸い込まれるような飲み口に、フルーティーな香りと上品な甘みはウイスキー好きに関わらず多くのお酒好きから評価されています。

ウイスキー初心者の方や、あまりウイスキーを飲まない方にもおすすめできる味わいは、最も人気が高いスペイサイド地域を代表する銘柄であることも納得できます

グレンフィディックウイスキーの種類やおすすめの飲み方についてご紹介

タリバーディン ソブリン

画像引用:https://www.tullibardine.com/

ハイランドはスコットランドの北側に広がる広大な地域であり、タリバーディン ソブリンは有名なブレンデッドウイスキーハイランドクイーンのキーモルトとしても知られる知名度の高い銘柄です。

フランスのピカール社が販売するタリバーディンは、ヴィンテージボトルは15年以上熟成させた高級銘柄のみを販売していますが、熟成年数を表記しないノンエイジであれば5,000円前後の予算で購入可能になります。

フローラルな香りと洋ナシの味わいのなかにスパイスの効いたこちらのウイスキーは高級感を感じさせると共に飲みやすいウイスキーです。

5,000円前後で購入できる代表的なハイランドウイスキーは他にもいくつか存在しますが、プレゼントに選ぶなら高級な印象を与えるタリバーディンは有力な候補といえるでしょう

タリバーディンとは?種類と味わい、おすすめの飲み方

アードベッグ ウィー・ビースティー 5年

画像引用:https://www.ardbegjapan.com/products/

スコッチウイスキーのなかでも個性が強いといわれるアイラ島で作られるアイラウイスキー、そのなかでも非常に強い個性を持つアードベッグ ウィー・ビースティー 5年です。

スコッチ特有のスモーク香が非常に強く、個性的な味わいと強いスモークからリトルモンスターの異名を持ちます。

黒コショウの強いスパイシーさと肉とタールの風味が口のなかで爆発するような感覚と共に、強いスモーク香が鼻を勢いよく突き抜けます。

さまざまな銘柄に興味があるコアなウイスキー好きから喜ばれやすい非常に特徴的なウイスキーです

アードベッグとは?種類や味わい、おすすめの飲み方

オーヘントッシャン12年

画像引用:https://www.auchentoshan.com/

ローランド地域は軽やかな風味と味わいを持った飲みやすいウイスキーを製造しており、オーヘントッシャン12年は若者を中心に人気が高まり始めている銘柄です

若者人気が高まっているウイスキーですが、蒸留所の歴史は古く、現在では多くの蒸留所が2回蒸留に切り替えたなかで、オーヘントッシャンは3回蒸留を守る伝統的な製法にこだわっています。

幾重にも立ちのぼる繊細な香りとスムースで軽い口当たりは、高い完成度を感じさせます。

ローランドではシングルモルトの製造が盛んではないため、ローランドのシングルモルトを飲んだことがない方も多いので新鮮さを感じさせるプレゼントに適しているといえるでしょう

オーヘントッシャンとは?種類や味わい、おすすめの飲み方

ハイランドパーク12年

画像引用:https://www.highlandparkwhisky.com/en

スコットランドの最北に位置するオークニー諸島で製造されるウイスキーがハイランドパーク12年であり、アイランズと呼ばれる地域に分類されます。

アイランズウイスキーはアイラ島を除くスコットランド周辺の島で製造されたウイスキーの総称であり、そのなかでも知名度の高い銘柄がハイランドパークです。

ヘザーの華やかさにスモークが香り、シロップのような甘さのなかに塩気が感じられる味わいは昔ながらのスコッチらしい風味を持つバランスのよい銘柄になります。

ウイスキー初心者からコアなウイスキー好きまでプレゼントにすれば喜ばれやすい銘柄といえるでしょう

ハイランドパークの特徴とは?種類や味わい、おすすめの飲み方

5,000円前後でプレゼントできるウイスキーのおすすめ銘柄【ジャパニーズウイスキー】

ジャパニーズウイスキーは、現在希少価値が高まり品薄状態となっている銘柄が多いため、5,000円で購入するのが難しい銘柄も増えました。

希望小売価格と実際の価値が離れているケースもありますが、現在の時点で5,000円で購入できる銘柄を3つ紹介します。

  • シングルモルト余市
  • サントリーウイスキー 知多

※提示している参考小売価格は記事執筆時点のものです。

シングルモルト余市

画像引用:https://www.asahibeer.co.jp/products/whisky_brandy/nikkamaltwhisky/yoichi/

項目 概要
価格(参考小売価格) 4,200円
容量 700ml
アルコール度数 45%

参考:アサヒビール

シングルモルト余市はニッカウイスキーが販売するシングルモルトウイスキーです。

力強いスモークと果実香が調和し、麦芽の甘さが感じられる複雑で深みのある味わいになります。

ジャパニーズウイスキーのシングルモルトをプレゼントするなら、価格も高過ぎないため余市がおすすめになります

ウイスキー余市の特徴と種類!味わいを堪能するおすすめの飲み方は?

サントリーウイスキー 知多

画像引用:https://www.suntory.co.jp/whisky/chita/lineup/

項目 概要
価格(参考小売価格) 4,000円
容量 700ml
アルコール度数 43%

参考:サントリー

サントリーウイスキー 知多は、軽やかな味わいが特徴のグレーンウイスキーであり、和食の食中酒にしても合いやすい銘柄です。

なめらかな口あたりと心地いい甘さは、ちょっとした贅沢を演出しながら癒しを与えてくれることでしょう。

クセが少なく飲みやすいことから、あまりウイスキーを飲みなれていない方へのプレゼントにも向いています

「知多」はどんなウイスキー?種類や味、おすすめの飲み方を解説

画像引用:https://www.suntory.co.jp/whisky/hibiki/

項目 概要
価格(参考小売価格) 5,500円
容量 700ml
アルコール度数 43%

参考:サントリー

24面カットしたボトルが特徴的な響は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしてバランスのいい味わいに仕上げた高級ブレンデッドウイスキーです。

薔薇や白檀の華やかな香りに透き通るよう甘さと奥深くも柔らかい味わいは、一口飲むだけで高級であることを実感できます。

参考小売価格は5,000円を多少オーバーしてしまいますが、人気の高いウイスキーであることから喜ばれる可能性も高い銘柄です

響はブレンデッドウイスキーの最高峰!種類や味とおいしい飲み方は?

ウイスキーの価格は需要と在庫によって大きく変動する

ウイスキーの価格は需要と供給によって大きく変動するため、これまで5,000円前後で購入できていた銘柄が唐突に価値が高まることも考えられます。

特にジャパニーズウイスキーは、近年品薄により価格が高騰しており、5,000円で購入できた山崎も今ではノンエイジボトルも含めて高級銘柄となりました。

スコッチウイスキーも円安に傾けば輸入が難しくなり、一部の銘柄が値上がりする可能性も否定できません。

しかし、現在の時点で5,000円という金額はウイスキーを購入する上で幅広い選択肢を取れることに間違いはないので、上記のことを理解したうえで目安となる予算として5,000円前後という基準を置きましょう

まとめ

5,000円前後のウイスキーがプレゼントにおすすめである理由と、具体的な銘柄を紹介しました。

プレゼントする相手のことも考えてプレゼントに最適なウイスキーを選んでみてください。

気になる銘柄があれば、酒店や、オンラインショッピングで価格をチェックすることから始めてみましょう。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください