HOME > ウイスキー知識 > ビギナー > ウイスキーとミルクで作るカクテルとは? カウボーイを含めてご紹介

ウイスキーとミルクで作るカクテルとは? カウボーイを含めてご紹介

2022.09.29 / 最終更新日:2022.09.29

ウイスキーの割り材は水や炭酸水だけでなく、コーラや果物のジュースなども合いますが、ミルクとの組み合わせが合うことはご存じでしょうか?

カルーアミルクをはじめとするミルクを使ったカクテルは有名ですが、ウイスキーもミルクで割ることで飲みやすい味わいに仕上がります。

ウイスキーを牛乳で割ったカクテルがカウボーイであり、アレンジ方法も多く、ウイスキー初心者にもおすすめの飲み方です。

この記事ではウイスキーとミルクで作るカクテルについてカウボーイを中心に作り方や、アレンジ方法を紹介します。

この記事のポイント

  • ウイスキーとミルクで作るカクテル、カウボーイのレシピと作り方を解説
  • より甘くてまろやかな味わいになるカウボーイのアレンジ方法を紹介

ウイスキーとミルクの組み合わせについて

ウイスキーとミルクの組み合わせについて合うのか疑問に思う方もいることでしょう。

ミルクはウイスキー特有の独特の風味や、強いアルコールの刺激を抑えて、風味をまろやかにしてくれることが期待されるので、相性のいい組み合わせになります。

今飲んでいるウイスキーをより飲みやすくするためにミルクで割るのはもちろん、クセが強く飲みにくいと感じたウイスキーも牛乳で割ると想像以上に飲みやすくなることもあるかもしれません。

ウイスキーの風味からミルクと合いそうな銘柄を選べば至高の組み合わせが生まれることでしょう

ミルクに限らずウイスキーはジュースやコーヒーで割っても合うので、自分の好きな飲み物とウイスキーを合わせてみるのも楽しみ方の1つになります。

ウイスキーの割り方についてはこちらの記事でまとめています。

ウイスキーのおすすめの割り方15選!基本の割り方や意外なものまで

ウイスキーとミルクで作るカクテルとレシピ

それでは、ウイスキーとミルクで作るカクテルを2つ紹介します。

  • カウボーイ
  • ミルクウィスティー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

カウボーイ

カウボーイは、アメリカで生まれたバーボンウイスキーを牛乳で割ったカクテルです。

スコッチウイスキーを使った場合はウイスキーパンチと名前が変わることもありますが、現在のカウボーイは必ずしもバーボンウイスキーを使用するわけではなく、スコッチウイスキーを使用した場合もカウボーイと呼ばれることがあります。

そのため、カウボーイに使用するウイスキーは自由であり、自身で牛乳に合いやすい銘柄を探したり、どうしてもストレートでは消費しきれないウイスキーで試してみるのもよいでしょう。

それでは、材料と作り方を下記にまとめました。

材料

  • ウイスキー 
  • ミルク 
  • 砂糖

作り方

  1. グラスに氷を入れてウイスキーを注ぐ
  2. ミルクでグラスを満たす
  3. 適量の砂糖を振りかけて完成

基本的な作り方は以上になりますが、ミルクをホットにするかどうかで作り方が変わってきます。

ホットの場合はグラスに氷を入れる必要がなく、ウイスキーとミルクの比率に関しては1:4になるようにウイスキーを少なくしても問題ありません。

なぜなら、ホットミルクでカウボーイを作る場合は、少量のウイスキーでも香りが立ちやすいからです

一方で、冷やしたミルクを使ってカウボーイを作る場合は、ウイスキーとミルクの比率を1:3~1:2ほどに増やさなければウイスキーが持つ香りや味わいを感じにくくなります。

砂糖に関しては甘いものが好きな方や、飲んでみて甘さが足りないと感じた場合は、お好みで追加するようにしてください。

ミルクウィスティー

ウイスキーは紅茶とも相性がよいですが、ウイスキーを紅茶で割ることをウイスティーと呼びます。

紅茶のなかでもミルクティーでウイスキーを割ったミルクウイスティーの作り方も確認しましょう。

材料

  • ウイスキー
  • 紅茶
  • 砂糖
  • フォームミルク

作り方

  • グラスやカップに砂糖を入れる
  • 砂糖が漬かる程度のウイスキーを注ぐ
  • 淹れたての紅茶を注ぐ
  • フォームミルクを上に乗せる

グラスやカップはあらかじめ温めておくことをおすすめします。

紅茶の銘柄はミルクと相性がいいアッサムを選ぶとよいでしょう。

ウイスキーと紅茶の組み合わせについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

紅茶に合うウイスキーとは?おすすめのレシピをご紹介!

カウボーイのアレンジ方法について

最後に、カウボーイのアレンジ方法についてまとめました。

  • はちみつやメープルシロップを加える
  • チョコレートとも合う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

はちみつやメープルシロップを加える

カウボーイをよりまろやかな味わいにするなら、はちみつやメープルシロップを加えるのがおすすめです。

加えるのは小さじ1杯~2杯ほどが目安であり、砂糖と同様にお好みで加えましょう。

ホットミルクで作る場合は、はちみつやメープルシロップが溶けやすいので、試すならホットミルクで作ったカウボーイがおすすめです

ウイスキーのメープルシロップ割りについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ウイスキーのメープルシロップ割りとは?おすすめのレシピをご紹介

チョコレートとも合う

カウボーイのおつまみや、最後に加えるアレンジ方法としてチョコレートを使うのもよいでしょう。

ミルクとチョコの相性がいいのはもちろんですが、ウイスキーとチョコレートの組み合わせも相性がよいのでおすすめです。

口どけのよさを考えるなら、こちらもホットミルクで作ったカウボーイと合わせることを推奨します。

まとめ

ウイスキーとミルクの組み合わせとカウボーイと呼ばれるカクテルを中心に作り方・アレンジ方法を紹介しました。

カウボーイは自由な方法で作りやすく、アレンジもしやすいので、ウイスキーとミルクの組み合わせを気軽に楽しむことができます。

まだウイスキーとミルクを組み合わせたことがない方は、紹介した作り方とアレンジ方法を参考に作ってみることをおすすめします。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください