HOME > ウイスキー知識 > ビギナー > ウイスキーのダブルとは? 具体的な量やカロリーについてもご紹介

ウイスキーのダブルとは? 具体的な量やカロリーについてもご紹介

2022.09.29 / 最終更新日:2022.09.29

ウイスキーのダブルは、ウイスキーを飲むときに目安となる量であり、バーなどで注文するときにも使用されます。

同じようにウイスキーの量を示す単語にはシングルがあり、ダブルはシングルの2倍の量であり、ウイスキーをたくさん飲みたいときはダブルで注文するのがよいでしょう。

ただし、ウイスキーのダブルはお店によっても基準が異なり、人によっては飲み過ぎになる可能性もあります。

この記事では、ウイスキーのダブルについて紹介し、気になるカロリーやアルコール量についても解説します。

この記事のポイント

  • ウイスキーのダブルのカロリーやアルコール量を解説
  • ウイスキーのダブルの測り方についても紹介

ウイスキーのダブルとは?

ウイスキーのダブルはウイスキーの量のことを指し、シングルの2倍を表すことからダブルと呼ばれます。

ウイスキーはアルコール度数の高いお酒であるため、お酒に弱い人が大量に飲むことを防ぐためや、ウイスキーを飲んだ後にも他の銘柄や他のお酒を楽しめるようにシングル、1つの銘柄をじっくり味わいたい方にダブルという2種類の注文方法が用意されているのが一般的です

また、どちらもストレートやロックを飲むときに使用される単位であり、ハイボールなどをバーで注文する際はカクテル扱いになるので、お店によって変わってきます。

普段ウイスキーをストレートやロックで飲むのに意識する必要はないかもしれませんが、バーなどで注文する際には理解しておく必要があります。

1人で飲む際も、健康に気を遣っている方や、ダイエット中の方は摂取するアルコール量やカロリーを判断するのにシングルとダブルの基準は役立つので理解しておくとよいでしょう。

ウイスキーのダブルの量はお店によって異なる

ウイスキーのダブルは、一般的なシングルの30ml2倍である60mlを指すのが一般的です。

しかし、ウイスキーのシングルの量はお店によって基準が異なります。

シングルの量が45mlと定められているお店であればダブルは90mlになり、60mlをシングルとするお店であればダブルは120mlになります。

バーやお店で注文する際は、シングルやダブルの量に関する表記がないか探してみるか、マスターや店員の方に量について質問をしておくと勘違いがありません。

国によってシングルの量の傾向が似通うことも多いですが、日本でも基準が統一されているわけではないので、初めて訪れたお店では確認するクセをつけることが重要です。

ウイスキーのダブルで気になるカロリーとアルコール量

ウイスキーのダブルを飲むうえで気になるカロリーとアルコール量について紹介していきます。

カロリーについて

一般的なダブルの量である60mlのウイスキーのカロリーは、約140kcalです。

ご飯に換算すると0.3合分(45g)、卵に換算すると1.6個分(96g)に相当します。

カロリーは他のお酒と同様にあるため飲み過ぎれば太る可能性がありますが、ウイスキーは糖質が0gとなっていることから、適量を心掛けおつまみなどの他の食事に気を付けていれば太る原因にはなりにくいお酒といえます。

ウイスキーのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ウイスキーのカロリーは高い? 飲み過ぎると太る理由を解説

アルコール量

60mlのウイスキーに含まれるアルコール量は20gです。

20gのアルコール量は厚生労働省の基準において、男性においては適正となる摂取量ですが、アルコールの分解速度が遅い女性は適性となる摂取量を超えます。

厚生労働省では、生活習慣病のリスクが高まるアルコール摂取量を男性が40g、女性が20gとしているので、女性の方は健康に関するリスクを考えるならダブルよりも30ml~45mlのシングルを飲むことが推奨されます。

しかし、男性の方もダブルの基準が120mlであれば、アルコール量が40gとなるので厚生労働省の基準においては飲み過ぎに該当するので注意が必要です。

ダブルは飲む人や、お店の基準によっては飲み過ぎに該当してしまうこともあるので、注文する場合は理解してから注文することをおすすめします。

ウイスキーを飲み過ぎるとどうなってしまうのか知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ウイスキーを飲み過ぎるとどうなってしまう?適量を知って正しく飲もう

ウイスキーのダブルの測り方について

ウイスキーのダブルはバーなどで注文するだけでなく、自宅でウイスキーを飲む際にも1つの基準になります。

自宅でウイスキーを飲む際のダブルの測り方を3つ紹介します。

  • ツーフィンガー
  • ポーラー
  • メジャーカップ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ツーフィンガー

大体の量を計測したい方は、グラスにひとさし指と中指を押し当てて指2本分の量を目安とするツーフィンガーによる計測ができます。

ツーフィンガーは、ウイスキーを飲む際に大まかな量を測定するときに使用され、シングルを測る場合は人差し指を押し当てて1本分の量を目安とするワンフィンガーが用いられます。

このツーフィンガー・ワンフィンガーという言葉はサントリーのCMが発祥であり、現在までウイスキーの量を測る際に使用されてきました。

もちろん、人によって指の大きさも異なり、正確な量を測るのには向いていないので、量を正確に測りたい方は別の方法にする必要があります

ウイスキーのツーフィンガー、ワンフィンガーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ウイスキーにおけるワンフィンガーの意味は? ツーフィンガーも解説

ポーラー

ポーラーはウイスキーボトルに装着することで、指定した量のウイスキーを正確に測ることが可能です。

内部に小さな金属の球が入っており、定量になると自動で栓をすることで、あらかじめ決められたウイスキーが注げる仕組みになります。

ポーラーはシングル用とダブル用の2種類があり、ダブル用のポーラーを購入して装着すればお手軽にダブルを測ることが可能です。

手間も少ないのでダブルを正確に測りたい方におすすめの方法になります

メジャーカップ

メジャーカップはバーでも使用されるウイスキー測定用の計量カップです。

小刻みにウイスキーの量を測りやすく、ダブルを測るだけでなく、カクテルなどを自身で作る関係でウイスキーをの量を正確に測りたい方におすすめになります

ただし、ダブルを測る場合は大型のメジャーカップが必要になり、60ml以下の容量を持つ小さいカップを使用すると2回計測する必要が出てくるので、かえって手間になる可能性があります。

ウイスキーを楽しむための道具について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

ウイスキーをより楽しむための道具を目的別に分けて紹介!

まとめ

ウイスキーのダブルの量はお店によって基準が異なるものの、日本における一般的な量は60mlとなっています。

アルコール量とカロリーは、人によっては適正ではないかもしれないので、自分にとって多過ぎる場合はシングルで飲むようにするのがよいでしょう。

測り方はだいたいの計測で問題なければツーフィンガーによる計測を利用し、道具を使って気軽に正確に計測するならポーラーを購入するのもおすすめです。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください