HOME > ウイスキー知識 > ビギナー > ウイスキーで世界一の消費量を誇る銘柄とは?

ウイスキーで世界一の消費量を誇る銘柄とは?

2022.05.24 / 最終更新日:2022.12.01

ウイスキーを初めて飲むなら世界一消費されている、つまりは世界一人気があるウイスキーであれば、美味しいであろうし安心だと思いませんか?

そうはいっても、土地によって好みのウイスキーも異なってくると思います。
自分好みのウイスキーはどの国なんだろうと考えたとき、必ずしも日本のウイスキーでない場合も人によってはあるかもしれません。

ただ、ウイスキーは世界中で作られていますので選ぶのも大変でしょう。

人気のある代表的なところから探すのが適しているのではないでしょうか。

例えば、世界5大ウイスキーといわれている以下のウイスキーです。

スコットランドの「スコッチウイスキー」と、アイルランドの「アイリッシュウイスキー」、アメリカの「アメリカンウイスキー」、カナダの「カナディアンウイスキー」、そして日本の「ジャパニーズウイスキー」

世界の五大ウイスキー!産地によって香りや味に違いが出る理由とは?

これらのウイスキーは品質や生産技術において高い評価を得ているウイスキーなので間違いなし!

さて、世界一の消費量を誇るウイスキーはこの中にあるのでしょうか。

この記事のポイント

  • 世界一のウイスキー消費量を誇る銘柄とは?
  • やっぱり強いスコッチウイスキーの人気
  • プロも認める美味しいウイスキーとは?

ウイスキーで世界一の消費量を誇る銘柄とは?

画像引用:Amazon.co.jp

世界一消費量の多いウイスキーはやっぱり先進国で作られているんじゃないか?という印象が強いと思いますが、先進国でもなく、世界5大ウイスキーでもありません。

世界で一番消費されているウイスキーはインディアンウイスキーのMcDowell’sなのです。

何とその数3070万ボトル!ジャパニーズウイスキーで最も売れている角瓶520万とくらべても約6倍になります。

しかし、これには理由があります。

インドは人口が12億人もいて、更に日本を超える数の中産階級の層がおり、経済成長も毎年プラスです。

2005年~2006年はウイスキーの消費量について正確な統計をとっていなかったのですが、データが揃ったところインド人がとんでもない量のウイスキーの消費をしていたことが判明したのです。

恐らくインド人しか飲んでいないのではないかというほどよくわからない銘柄のウイスキーが世界の消費量の第一位から第4位までを占めています。

それまで世界のウイスキー消費国のトップはアメリカとフランスと考えられていたのですが、ふたを開けてみたらいんどだったというわけです。

しかし、インディアンウイスキーはEU内で売ることは禁止されています。

あくまでも「原料として使用できるものは穀物であり、蒸留後は木の樽で熟成させること」が義務付けられています。

世界各国で飲まれているウイスキーという意味でいえば、消費量内5位のジョニーウォーカーということになるでしょう。

順位 ウイスキー名 カテゴリー
1 McDowell’s インディアン
2 Officer’s Choice インディアン
3 Imperial Blue インディアン
4 Royal Stag インディアン
5 ジョニーウォーカー スコッチ
6 ジャックダニエル テネシー
7 Original Choice インディアン
8 Golden Oak インディアン
9 ジムビーム バーボン
10 Haywards Fine インディアン
11 ジェムソン アイリッシュ
12 クラウンローヤル カナディアン
13 バランタイン スコッチ
14 Blenders Pride インディアン
15 Bagpiper インディアン
16 Royal Challenge インディアン
17 Old Tavern インディアン
18 サントリー 角瓶 ジャパニーズ
19 シーバスリーガル スコッチ
20 Director’s Special インディアン

出典:Drinks International The Spirits Ranking2020

1-1.世界五大ウイスキーではなかった!

消費量が多かったのはインディアンウイスキーのMcDowell’sでしたが、インド国内での消費は多くても世界各国での消費の観点からは世界一の消費量はスコッチのジョニーウォーカーということになるでしょう。

インドのウイスキーは世界五大ウイスキーと比較して、樽熟成を行っていません。

そのため高アルコールで安いウイスキーを量産しているので消費量が多いということも考えられます。

1-2.世界五大ウイスキーで最も売れているウイスキーとは?

世界五大ウイスキーで一番消費されているのがジョニーウォーカーということになるでしょう。

ジョニーウォーカーとは?種類や味わい、おすすめの飲み方

スコットランドのウイスキーは世界でも有数の銘柄数、蒸留所を誇り、ウイスキーといえばスコッチウイスキーであるといわれるほどです。

その中でも群を抜いて人気があるのが、ジョニーウォーカー。

ジョニーウォーカーは世界中のあらゆる国々で流通し、世界200か国に年間約1.2億本以上のボトルが出荷されており、販売量は約1,880万ケースといわれています。

世界NO.1ウイスキーといっていいでしょう。

もはやTVコマーシャルでもおなじみですよね。

1-3.スコッチがあつい!ジョニーウォーカーの魅力

ジョニーウォーカーはブレンデッドウイスキーといって40〜50種類のシングルモルトウイスキーやグレーンウイスキーをブレンドした銘柄です。

ジョニーウォーカーはラベル別に味わいが異なりますが、著名なキーモルトを使用しており、甘み・酸味・スモーキーさなど味わいのバランスがいづれも秀逸です。

魅力は何といってもスコッチの特徴であるスモーキーさを兼ね備えながらも熟成のまろやかさとあいまって、アルコールの刺激が強すぎないところでしょう。

そのジョニーウォーカーの魅力の秘訣は何といっても質へのこだわりでしょう。

ブレンドしているウイスキーを各地の蒸留所からおよそ700万樽もの原酒を取り寄せていますが、1樽ずつ原酒の情報を徹底的に管理しています。

世界で一番売れているジャパニーズウイスキーとは?

Suntory Whiskey 製品ロゴ

 

世界で一番売れているジャパニーズウイスキーは前述の表にもランキングされている『サントリー角』になります。

サントリー角はスコッチウイスキーに対抗するブレンデッドウイスキーを目指してサントリーの創業者ある鳥井信治郎が心血を注いで取り組んだウイスキーです。

サントリー角には山崎蒸留所や白洲蒸留所のバーボン樽酒がブレンドされているのです。

2-1.ジャパニーズウイスキーの魅力

今まではウイスキーといえば、スコッチウイスキーやバーボンウイスキーが注目されがちでしたが、最近では「ジャパニーズウイスキー」に注目が集まっています。

ジャパニーズウイスキーは国内外ともに人気が集まっており、入手が困難になってきているほどです。

ジャパニーズウイスキーは日本人の好みに合わせて作られているので、国内で人気がでているというのもありますが、NHK連続TV小説『マッサン』が人気に火をつけ、さらに同時期にインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)や、サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SWSC)など数々の賞を受賞したことからも更に人気は高騰、ポピュラーなオフィシャルボトルも手に入れにくい状況が続いています。

例えば、ミズナラ樽で作ったウイスキーはサントリーでも全100万樽のうち1%程度しか作れないそうですが、この樽で作ったウイスキーの味わいはまた格別で、この樽で作ったウイスキーは白檀(びゃくだん)や伽羅​(きゃら)のといったお線香でも慣れ親しんでいる香木のような香りを想わせます。

サントリー シングルモルト山崎 ミズナラは長時間に及ぶ仕込み、そして熟成で香味がしっかりと感じられながらもまろやかさは健在。

ジャパニーズウイスキーのシングルモルトは一般販売で手に入れることは中々難しい逸品でしょう。

プロも認めた世界一美味しいウイスキーの銘柄とは

2001年から2年に1度行われる『ワールドウイスキーアワード』をご存じでしょうか?

これはウイスキーのプロフェッショナル達が世界各国からエントリーされたウイスキーをカテゴリー別に審査するイベントです。

何と栄誉なことにジャパニーズウイスキーでは『イチローズモルト&グレーン ジャパニーズブレンデッドウイスキー リミテッドエディション2021/株式会社ベンチャーウイスキー』がワールドベスト・ブレンデッドウイスキーリミテッドリリースに輝きました。

この受賞はもう4回目となっており、殿堂入りといってもいいでしょう。

ジャパニーズウイキーは2001年の初開催以来、常に世界最高賞を受賞しています。

まとめ

世界の消費量という観点から考えると、ウイスキーの品質と必ずしも比例しているわけではないことがわかりました。

消費量で選ぶなら、ウイスキービギナーの方はじょにーウォーカーやサントリー角瓶などから始めてみるのをおすすめいたします。

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください