HOME > 蒸留所 > カードゥ蒸留所 - Cardhu DISTILLERY
Cardhu Distillery
Low wines stills
Spirit Safe

カードゥ蒸留所 - Cardhu DISTILLERY

2021.11.18

基本情報

エリア スペイサイド
設立年 1824年
所有者 ディアジオ社
蒸留器 初留x3基、再留x3基
仕込み水 マノックヒルの泉
年間生産量 340万リットル
ブレンド銘柄 ジョニーウォーカー
輸入元 日本酒類販売
蒸留所ツアー あり
公式サイト https://www.malts.com/en-row/brands/cardhu

ABOUT

スペイサイドで最も古い蒸溜所のひとつであるカードゥ(当時はカードウ)は、1811年にジョン・カミングとその妻ヘレンが農場としてスタートしました。彼らはすぐに違法なウイスキーの製造を開始しましたが、調査によると運営を担当していたのはヘレンだったようで、グレン・リベットの密造者たちのための早期警戒所として農場を運営していました。1823年に税法が制定された後、ヘレンの娘婿エリザベスは、1872年に操業を開始し、1884年には原始的な設備を完全に再構築し、古いスチルと水車をダフタウンにグレンフィディックと呼ばれる家族経営の蒸溜所を建設しようとしていたウィリアム・グラントに売却しました。その頃、カードゥはブレンダーたちのお気に入りとしての地位を確立していましたが、1888年には早くもロンドンでシングルモルトとして販売されていました。
現在、カードゥはジョニーウォーカーの「ホーム」として、印象的なビジターセンターを備えており、シングルモルトのボトリングも再び増加しています。2018年、ディアジオ社は1億5000万ポンドを投じてスコットランド全土の観光施設をアップグレードする計画を明らかにしました。その中には、カードゥのビジターセンターの改善が含まれています。カードゥの改良では、ヘレン・カミングとエリザベス・カミングの影響を含む蒸留所の歴史が強調されます。アクセスも改善され、果樹園も作られます。

歴史

  • 1811年: ジョン・カミングとヘレン・カミング夫妻が、カードゥの農場で違法なウィスキーの生産を始める
  • 1823年: カードゥ蒸留所はライセンスを取得した最初の蒸留所の一つとなる。
  • 1893年: カードゥはJohn Walker & Sons社に売却される。
  • 1899年: 新しい蒸留器を2基導入し、蒸溜所の容量を2倍にする。
  • 1960年: 蒸留器を6基に増やし、生産能力を拡大。
  • 2002年: 在庫制限を緩和するため、シングルモルトからヴァッティングモルトに変更
  • 2004年: 業界の反発を受け、「カードゥ・ピュアモルト」の販売を中止
  • 2005年: シングルモルト「カードゥ12年」を発売
  • 2018年: ディアジオ社がカードゥのビジターセンターの改修計画を発表

フレーバー

  • Heather(ヘザー:ギョリュウモドキ)
    Heather(ヘザー:ギョリュウモドキ)
  • Oak(オーク)
    Oak(オーク)
  • Pear(洋梨)
    Pear(洋梨)

ウイスキーを樽で買う!無料特典付きウェビナーのご紹介

SNSで最新情報をお知らせ
Contact

ウイスキーカスクの購入、Barでの取り扱い、取材・インタビュー、事業提携のご相談など
お気軽にご連絡ください